お顔のアンチエイジングページへ
トップページへトップページへ
クリニック紹介へクリニック紹介へ
スタッフ紹介へスタッフ紹介へ
悪い箇所を治す治療へ悪い箇所を治す治療へ
健康的なお口を手に入れる治療へ健康的なお口を手に入れる治療へ

  • HOME
  • >
  • クリニック紹介

クリニック紹介

▲下線部をクリックするとその項目まで移動します

クリニック概要

医院名

中村歯科クリニック

所在地

〒270-0164 千葉県流山市流山6-800-20

最寄駅

流鉄流山線「平和台駅」下車 徒歩3分

地図


大きな地図で見る

駐車場

当院専用駐車場3台完備

お問い合わせ

04-7159-8182

無料メール相談はこちら

ホームページ

http://www.nakamura-sika.info/

代表者

院長・中久木 典子   略歴はこちら

診療時間

月    9:30~19:30

水   10:00~20:00

火・金 10:00~19:00

土   10:00~18:30

休診日

木曜日・日曜日・祝祭日

診療科目

一般歯科・矯正歯科(矯正相談は無料)・小児・予防歯科・審美歯科・ホワイトニング・歯周病検診・妊婦歯科検診・定期検診

院内の様子/設備紹介

受付
受付
待合スペース
待合スペース
ミネラルウォーター
ミネラルウォーター
診療室
診療室
デジタルレントゲン
洗口コーナー
洗口コーナー
歯科用パルス発振型Nd:YAGレーザー
歯科用パルス発振型Nd:YAGレーザー
炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザー
口腔外バキューム
口腔外バキューム

治療費について

自費治療にかかる料金表です。この他の費用に関しては、スタッフまでお問い合わせください。

※すべて税抜きです。

詰め物(詰める大きさによって金額が変わります)

項 目   料 金
ハイブリッドセラミックスインレー 小臼歯 40,000円
大臼歯 50,000円
ゴールドインレー 小臼歯 40,000円
大臼歯 50,000円

被せ物

項 目 料 金
MB(メタルボンド) 80,000円
オールセラミックスクラウン 100,000円
ファイバーポスト 15,000円
ゴールドクラウン 60,000円

入れ歯・義歯

項 目 単 位 料 金
金属床 金床、チタン、コバルトクロム全部床は
保険外併用療養制度が適用になり
約47,790円が料金より引かれます
350,000円
ノンクラスプデンチャー 9~13歯 250,000円~300,000円
5~8歯 200,000円
1~4歯 150,000円
金属レスト 1ヶ所 10,000円

フッ素塗布ホワイトニング

項 目 料 金
フッ素塗布 3,000円
ホワイトニング(片顎) 20,000円

矯正歯科治療(成人)

項 目 料 金
初診相談 無料
精密検査 35,000円
矯正治療費(口腔内の状態によって異なります) 650,000円~
800,000円
調整料(1回につき) 4,000円

矯正歯科治療(混合歯列期:小児)

項 目 料 金
初診相談 無料
精密検査 35,000円
矯正治療費(口腔内の状態によって異なります) 200,000円~
350,000円
調整料(1回につき) 4,000円

流山共通ポイントカード「ながぽんカード」

流山市共通のポイントカード「ながぽんカード」のポイントが使えます。
ポイントカードの詳細はこちら→流山商工会議所運営サイト
ポイントカードが使える加盟店はこちら→流山市ホームページ

ながぽんカード

<当院でのポイント加算>

・初診

10p

・再診

5p

・リコール

10p

・矯正

5p

・誕生月

5p

・6月4日(虫歯の日)

30p

・11月8日(いい歯の日)

30p

ながぽんカード

流山市共通のポイントカード「ながぽんカード」のポイントが使えます。
 
ポイントカードの詳細はこちら→流山商工会議所運営サイト
 
ポイントカードが使える加盟店はこちら→流山市ホームページ

<当院でのポイント加算>

・初診

10p

・再診

5p

・リコール

10p

・矯正

5p

・誕生月

5p

・6月4日(虫歯の日)

30p

・11月8日(いい歯の日)

30p

医療費控除について

医療費控除とは

 
その年の1月1日から12月31日までの間に、自分や家族のために10万円を超える医療費を支払った場合、確定申告をすれば一定の金額の所得控除を受けられる制度です。これを医療費控除といいます。
 
歯科診療には、診療費や薬代など、さまざまな費用がかかります。
また、保険がきかない自由診療ともなると高額になりがちです。

医療費控除の対象

 

実際に支払った医療費の合計額-保険金などで補てんされる金額(※1)= A
A-10万円(※2)=医療費控除額(最高200万円)

 
医療費控除額全額が還付されるのではなく、この金額に所得税率を掛けたものが還付されます。
※1 生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
※2 その年の所得金額の合計額が200万円未満の場合は、その5%

医療費控除の対象となる歯科治療

 
●自由診療の場合
義歯(入れ歯)やクラウン(被せ物)に使用する金やポーセレン(セラミック)は、歯の治療材料として一般的といえるため、医療費控除の対象になります。
 
●歯列矯正の場合
歯列矯正を受ける方の年齢や目的などからみて、歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。
例えば、発育段階にあるお子様の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正は、医療費控除の対象になります。
しかし、同じ歯列矯正でも、見た目を綺麗に見せることを目的とした治療の費用は、医療費控除の対象になりません。
 
●交通費
治療のための通院費も医療費控除の対象になります。
小さいお子様の通院など、付添が必要な場合は、付添人の交通費も通院費に含まれます。
通院費は、通院した日・金額を記録しておくようにしてください。
通院費として認められるのは、交通機関などを利用したときの人的役務の提供の対価です。
自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等は、医療費控除の対象になりません。
 
※これからの治療が医療費控除の対象となりうるかどうか気になる方は、治療を受ける前に、スタッフまでご確認・ご相談いただくと確実です。
また、国税庁のホームページもご参照ください。→→国税庁ホームページ

医療費控除の手続き

 
医療費控除の申請には、確定申告時の時期に所轄の税務署へ下記のものを持っていく必要があります。
 
●家族全員の1年分(1/1~12/31)の医療費の支出を証明する書類(領収書等)
●交通費のメモ(氏名、理由、日付、交通機関を明記)
●給与所得のある方は、給与所得の源泉徴収票(原本)
●印鑑